Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース/METADトークン)とは、NFT、メタバース、Play-to-Earnなど最先端の仮想通貨シーンで注目を集めるNFTゲームです。

\プレセールは終了しました/

クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) 購入ページ

※上記のお申し込みページから購入した方を対象に、購入者限定でCrypto Quest Metaverseの情報交換ができるMETADトークン購入者限定LINE&オープンチャットにご招待します!

 

Crypto Quest Metaverseは開発スタートから間もないプロジェクトではありますが、日本人にもなじみ深い人気ゲームタイトル「ドラゴンクエスト」に誘発された2Dゲームであることから大きな注目を集めています。

当ページでは、そんなCrypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース)および独自トークン「METADトークン」について、日本語でわかりやすくご紹介します。

※プレセール情報のみが知りたい方はMETADトークンのプレセール情報をクリック、買い方が知りたい方はMETADトークンの購入方法(操作方法)をクリックしてください。

公式お申し込みページのリンクも掲載しているため、プレセールへの参加を希望されている方は合わせてご覧ください。

クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) LINE公式アカウント

クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) ツイッター

クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) オープンチャット

Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース/METADトークン)とは?

Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース/METADトークン)とは?

Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース)とは、ドラゴンクエストにブロックチェーンゲームのPlay-to-Earn(プレイトゥアーン)を持ち込んだような2DメタバースNFTゲームです。

独自トークンであるMETADトークンは、Solanaブロックチェーン上に構築されており、圧倒的なスケーラビリティ(処理速度)と手数料の安さを実現しています。

Solanaとイーサリアムの処理速度の違いは以下のとおり。

  • Solana:毎秒50,000トランザクション(TPS)
  • Ethereum:毎秒20トランザクション(TPS)

これによりCrypto Quest Metaverseは、分散型NFTゲームでありながら、ブロックチェーンのGas代をほとんど気にする必要がありません。

少額から始められ、NFTを絡めながら大きなリターンも期待できるドラクエ風のブロックチェーンゲーム。それが、Crypto Quest Metaverseです。

以下、Crypto Quest Metaverseで流通する複数のトークン「METAD」「QUEST」「FOOD」「sMETAD」の役割とそれぞれの違いに触れていきます。

①METADトークン

Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース) METADトークン

METADトークンとは、Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース)のメインとなる独自トークンです。後述のように、プレセールでの販売もおこなわれます。

参考までに、そのトークンアロケーション(振り分け)は以下とおりとなっています。

  • プレセール:121,666,666.67(15.00%)
  • AMMInitialListing:16,222,222.22(2.00%)
  • マーケティング:24,333,333.33(3.00%)
  • 開発:20,277,777.78(2.50%)
  • 創設者:20,277,777.78(2.50%)
  • StakingReward V1:60,833,333.33(7.50%)
  • StakingReward V2:60,833,333.33(7.50%)
  • StakingReward V3:60,833,333.33(7.50%)
  • ゲーム報酬:425,833,333.33(52.50%)

METADトークンはプレセールで購入できるほか、Crypto Quest Metaverseのゲーム内でクエストを完了する、ボスモンスターを倒す、PVPバトルで勝利するなどの方法でも入手できます。

そして、METADトークンは以下の利用用途があります。

  • キャラクタールートボックス
  • アイテムルートボックス
  • デーモンビーストルートボックス
  • 現金交換
  • ギルドバンクへの預金
  • PVPバトルの参加費

METADトークンはCrypto Quest Metaverseでもっとも重要な役割を持つメイントークンに相当します。

そのため、複数存在するトークンのうち、もっとも値上がりしやすく、底堅く推移することが期待されるでしょう。

②QUESTトークン

Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース/METADトークン) QUESTトークン 

QUESTトークンとは、Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース)にとって第2のトークンです。

ホールドしているQUESTトークンの量に応じて「収益の分配」を得られる仕様が最大の特徴となります。

こちらも参考までに、QUESTトークンのアロケーションを以下に記載します。

  • プレセール:50,000,000.00(5.00%)
  • マーケティング:100,000,000.00(10.00%)
  • 開発:100,000,000.00(10.00%)
  • 創設者:100,000,000.00(10.00%)
  • ステーキング報酬:100,000,000.00(10.00%)
  • ゲーム報酬:550,000,000.00(55.00%)

③FOODトークン

Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース)のFOODトークンとは、NFTマイニングをするためのガス代として機能する仮想通貨です。

Crypto Quest Metaverseでは、キャラ、アイテム、装備などがすべてNFT(ノンファンジブルトークン)として発行されます。

そのNFTを所定の場所に預け「マイニング」することで、METADトークンを報酬として得ることができるのです。そのために必要なのが、FOODトークンです。

またFOODトークンは、クエスト中のゲームフィールドでの移動速度に影響しており、FOODがなくなるとパーティ(チーム)全体の移動速度が遅くなってしまうという特徴も持ち合わせています。

FOODトークンはマーケットプレイスで購入できるほか、メインクエストまたはサイドクエストと呼ばれるゲームモードをクリアするとゲットできます。

④sMETADトークンとは

sMETADトークンは、正式名称をエスクローメタダイヤモンドトークンと言い、METADトークンとは区別されます。

NFTを預けて報酬を得る「NFTマイニング」には一定の期間が必要ですが、その期間まで待たずに早期にトークンを引き出した場合には、METADトークンの代わりにsMETADが配布されることになっています。

sMETADトークンはゲーム内だけで利用でき、原則として取引所には上場しません。

⑤非トークン(Non-Token)

Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース)には、厳密にはトークンではなくゲーム内の「ポイント」に相当する非トークン(Non-Token)があります。

非トークンにはGold(ゴールド)、Soul(魂)の2種類が存在します。

  • Gold(ゴールド):アイテムの購入、装備の強化、ラビリンスへの入場料の支払いなどで利用可能。メインストーリー、サブストーリー、ラビリンスのモンスターを倒すともらえる
  • Soul(魂):ギルドに参加することでMETADトークンと交換できる。同じくメインストーリー、サブストーリー、ラビリンスのモンスターを倒すともらえる

非トークンはMetaMaskなどのウォレットを移動させることはできませんが、METADトークンに交換できるため大きな価値を持っています。

クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) 購入ページ

※上記のお申し込みページから購入した方を対象に、購入者限定でCrypto Quest Metaverseの情報交換ができるMETADトークン購入者限定LINE&オープンチャットにご招待します!

Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース/METADトークン)のゲーム設計の詳細

クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) ゲーム設計

Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース)は、Play-to-Earn(プレイトゥアーン)で遊んで稼げることと、ゲーム本来である「楽しさ」を両立するため、綿密に計算され設計されています。

具体的に、どのような流れでゲームを進めていくのか、その一連のゲームサイクルは以下のとおりです。

  1. キャラクターを購入して冒険へ
  2. 装備品やアイテムを購入
  3. メインクエストへ出発
  4. サイドクエストでトークンを稼ぐ
  5. ギルドに参加する
  6. ラビリンスへ挑戦する
  7. コロッセオで戦って稼ぐ
  8. フラッグバトルで稼ぐ
  9. 年に4回の神獣バトル

1つずつ特徴をみてみましょう。

①METADトークンでキャラクターを購入して冒険へ

Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース)では4人のパーティを編成して冒険へ出発します。

そのうち3人のキャラクターはNFTとして発行されており、METADトークンを使って購入できます。

キャラクターNFTは、以下のようなステータスを持っています。

HP 体力
MP
スキルと魔法を使うために必要
強度 物理攻撃力
防御 物理防御力
インテリジェンス
魔法ダメージの発生量を決める
速度
回避率とターン順序に影響
攻撃するチャンスを決定

また、それぞれのキャラクターNFTは以下のようなクラス(ドラゴンクエストの職業に相当)にわけられます。

戦士
物理的攻撃・防御に特化
ウィザード
攻撃的な魔法に特化
プリースト 回復魔法に特化
泥棒 最高速度が特徴
ファイター
高速な物理攻撃が得意
ジェスター
ステータスは全体的に低いが運が強い

また、Crypto Quest Metaverseでは、2つのクラスを持つNFTを融合させることで、レアなクラスを持つキャラクターNFTを新たに誕生させることが可能です。

②METADトークンで「装備品」や「アイテム」を購入

Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース)には、キャラクターNFTが身につける以下のような装備やアイテムがあります。

  • 兵器
  • ヘルメット
  • 手袋
  • ブーツ
  • 首飾り
  • ブレスレット
  • マジックストーン
  • 消耗品:ハーブ、解毒剤、鍵など

その入手方法は、ゲーム内の非トークンであるGold(ゴールド)を使って購入・モンスターを倒す・クエストで報酬として得る・バトルに勝利して戦利品箱からゲットするなどの方法があります。

装備品は進化させることで「強化」が可能であり、最大レベルに達した武器NFT2つを組み合わせてレアな装備を生み出すことも可能です。

③METADトークンを「メインクエスト」で稼ぐ

Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース)では、ドラゴンクエストのようにダンジョン(マップ)を探検して敵と戦ったりアイテムを探し出します。

準備が整ったら、さっそく冒険へ出発しましょう。

冒険には1~8のステージがあり、各ステージの最後には強力なボスモンスターが現れます。

以下のような【戦闘コマンド】を繰り出して行動を選択しましょう。

  • 攻撃(物理攻撃)
  • スキル(物理攻撃&魔法の組み合わせ)
  • アイテムの使用
  • 逃げる

また、モンスターには以下のようないくつかの【属性】があります。

Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース/METADトークン) ゲーム 属性

  • 自然

これらはまるで「じゃんけん」のように有利不利の組み合わせが設定されているので、遭遇したモンスターをどうしても倒せないときは相手の弱点を見抜きましょう。

④METADトークンを「サイドクエスト」で稼ぐ

Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース)では、メインクエストとは別に、ミニゲームに当たるサイドクエストも用意されています。

たとえばサイドクエストには以下のようなものがあります。

  • 30体のゴブリンを倒せ!
  • 困っている人にハーブを届けろ!
  • 特定の人にレターを配達せよ!

クリアすることで、NFTアイテム、METADトークン、経験値、Gold(ゴールド)、Soul(魂)を稼げます。

⑤METADトークンを効率的に稼ぐため「ギルド」に参加しよう

クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) ゲーム設計 ギルド

Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース)には、最大1000人のプレイヤーで構成される組織「ギルド」が10チーム存在します。

ギルドの所有者であるギルドマスターになるためには約50,000ドルのギルドライセンス(NFT)を購入する必要があります。

しかし、ギルドマスターはメンバーに任意の「税金」を課すことができるので、他人のPlay-to-Earnの収益の一部を入手できます。

またギルドメンバーは、キャラクターNFTを買うお金がなくてもNFTを借りてゲームに参加し、METADトークンを稼げる奨学金システム(スカラーシップ制度)を利用できるようになります。

Crypto Quest Metaverseでは、ギルドに所属しているとマーク(タトゥー)が刻まれるため、所属しているギルドが一目で判別できます。

⑥Crypto Quest Metaverseの迷宮「ラビリンス」へ挑戦する

クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) ゲーム設計 ラビリンス

ラビリンスとは、Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース)に10存在する「ギルド」が所有する迷宮です。

神獣と呼ばれるボスを配置して、他のギルドから迷宮を守っています。

他のラビリンスへ挑戦して迷宮を奪うためにはMETADトークンが必要である一方、防衛に成功した所有ギルドは報酬が得られます。

ゲームにおける重要な拠点と報酬をめぐった戦いがラビリンスで激しくおこなわれます。

⑦METADトークンを「コロッセオ」で戦って稼ぐ

クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) ゲーム設計 コロッセオ

Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース)のコロッセオでは、ユーザーVSユーザーで戦ってMETADトークンを稼ぎます。

「1対1」と「パーティ対パーティ」があり、互いのゴールド(Gold)とMETADトークンを賭けて戦う真剣勝負です。

勝者は敗者が戦いに費やした80%のゴールド(Gold)やMETADトークン、ギルドには20%のゴールド(Gold)とMETADトークンが与えられます。

また、勝者は敗者から高価なNFT(装備品)を取得できることもあります。

⑧METADトークンを「フラッグバトル」で稼ぐ

Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース)のフラッグバトルは、2つのギルドが「50対50」でゴールド(Gold)とMETADトークンを賭けてバトルするプレイモードです。

戦場には3つの旗があり、先にすべての旗を入手したギルドが勝者となります。

⑨クリプトクエスト最大のイベント「神獣バトル」へ挑戦する

神獣バトルとは、ギルドを代表する10体もの神獣が戦う、Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース)で最大のイベントです。

年に4回のみ開催されます。

神獣バトルで優勝したギルドには、ゲームのマスターバンク(銀行)から報酬が与えられます。

20%はギルド銀行へ配られ、残りの80%はギルドメンバーで山分けとなります。

クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) 購入ページ

※上記のお申し込みページから購入した方を対象に、購入者限定でCrypto Quest Metaverseの情報交換ができるMETADトークン購入者限定LINE&オープンチャットにご招待します!

Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース/METADトークン)の今後の将来性が期待できる6つの理由

クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) 将来性

結論として、Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース)のMETADトークンの価格が上昇する可能性は高く、将来性は極めて高いと言えます。2025年までに飛躍的な成長を遂げるトークンを10ピックアップするとすれば、METADはそのうちの1つになる公算が高いでしょう。

その理由は以下のとおり。

  1. あえて「2D」のメタバースを採用
  2. ポンジスキームではない「長期的に稼げる」ゲーム設計
  3. Axie Infinityでも採用のスカラーシップ制度を採用
  4. NFTの市場規模の拡大を追い風にしている
  5. コミュニティ主導のDAO(自律分散型組織)
  6. NFTマイニングでMETADトークンが得られる

それぞれ順番に解説します。

METADトークンの将来性が高い理由①あえて「2D」メタバースを採用

クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) 将来性 2Dメタバース

Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース)は、ドラゴンクエストのような「2D」の世界観をあえてそのまま残したNFTゲームです。

「2Dなんて時代遅れ」と感じるかもしれませんが、これこそCrypto Quest Metaverseの重要な「ビジュアルグラフィック戦略」であり、METADトークンの将来性が高い理由です。

なぜ、3Dグラフィックのゲームが台頭する中、Crypto Quest Metaverseはあえて2Dを選択するのでしょうか。

それは、

  • 高性能なPCを持たずスマホのみを持つ人でも遊べる敷居の低さでゲーム人口を増やす
  • 開発コストを抑えながら柔軟にゲーム開発でき、リリース後の軌道修正やバージョンアップが容易になる

という2つの理由があります。

これは、決してゲームのクオリティに妥協しているというわけではありません。

Crypto Quest Metaverseの開発チームは、ドラクエのような昔ながらのPixelを持つ2Dファンタジーゲームからゲームにデビューした人ばかり。

クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) 将来性 2Dメタバース

2Dゲーム好きな筋金入りのファンが集まった開発チームだからこそ、「2D」が「3D」に決して劣るものではないということを知っています。

また、成功するブロックチェーンゲームは世界に目を向けます。世界を見渡すと、誰もが優れたスペックのPCやVR機器を持っているわけではないということも、市場リサーチから明らかです。

実は、Axie Infinityが大成功を収めた最大の要因のひとつは、「経済的に裕福でない人々を引き付ける戦略」に長けていたことです。

別の例では、同じく成功を収めたゲームであるマインクラフトは、決して優れたグラフィックを持っていませんが、だからこそゲーム内の自由度の高さと、低予算でのアップデートを可能とし、成功を収めました。

同じ理由で、Crypto Quest Metaverseは綺麗な3Dグラフィックを採用しません。投資家を引きつけるためだけのグラフィックにはこだわらず、実現的な開発の道筋とロードマップの前進を重視します。あくまでゲームの本質に向き合います。

これがスマートフォンで遊べるレベルの「2Dメタバース」しか持たないCrypto Quest Metaverse(METADトークン)の将来性が高いと言える理由です。

METADトークンの将来性が高い理由②ポンジスキームではない「長期的に稼げる」ゲーム設計

Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース)は「数年後にMETADトークンを買う人」のことを本気で考え、後発組にもPlay-to-Earn(ゲームをプレイして稼ぐ)で利益をもたらすゲーム設計を重視しています。

この記事をお読みのあなたは、Crypto Quest Metaverseにとって間違いなく「早期参加者」なので、「後発組に利益をもたらす」と言われてもピンと来ないかもしれません。

しかしCrypto Quest Metaverseは、「早期参加者」に最大の利益をもたらすことは通過点に過ぎないと考えています。

誤解を恐れずにいうと、既存の多くのNFTゲームは「早期参加者だけが大きな利益を手にし、後発組はあまり稼げない」という性質を持っています。これは「ポンジスキーム」に似た構造だと思いませんか?

Crypto Quest Metaverseは、ポンジスキーム的ブロックチェーンゲームに断固反対します。

Axie Infinityのような1つの成功例の裏には、99の「先行者だけが利益を得られるポンジスキーム」があります。

投資家からお金を集め、その集めたお金をただプレイヤーにばらまいているだけのゲームを「ブロックチェーンゲーム」「Play-to-Earn(プレイトゥアーン)」と呼んでもいいのでしょうか?

Crypto Quest Metaverseはそのような方法は採用しません。

真のPlay-to-Earn(プレイトゥアーン)とは、「先行組」が「後発組」からお金を奪うポンジスキーム方式ではなく、ゲーム内でプレイヤー同士が対戦し「勝者」が「敗者」から稼ぐものです。

また、優れたゲームを背景に、独自トークンやNFTの値上がりによって利益がもたらされるべきなのです。

Crypto Quest Metaverseは、「本物」のブロックチェーンゲームであり、今後数年の長期にわたって上昇するのはMETADトークンのような「本物」のトークンであると確信しています。

METADトークンの将来性が高い理由③Axie Infinityでも採用のスカラーシップ制度を導入

クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) 将来性 奨学金システム(スカラーシップ制度)

Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース)には、Axie Infinityでも採用されている奨学金システム(スカラーシップ制度)が組み込まれています。

スカラーシップ制度は非常に優れた仕組みであるため、Crypto Quest Metaverseの特徴とのシナジー効果によりMETADトークンの上昇に強力に作用するでしょう。

スカラーシップ制度とは、簡単にいえば「キャラクターNFT」を買うお金がない人でも、NFTの所有者(ギルドマスターまたはギルドメンバー)からキャラクターNFTを借りることで、ゲームができる仕組みです。

これにより、NFTを借りる人はリスクなしでゲームをプレイし、METADトークンによる報酬を得られます。

また、非トークンのSoul(魂)を売って利益を得られるメリットがあります。

一方、キャラクターNFTを貸し出した人は、0%~50%の間で任意の「税率」をかけ、スカラーシップ制度により他人がPlay-to-Earnで稼いだ収入の一部を得ることができます。

お金を持っている人がアルバイトを雇い、代わりにPlay-to-Earnをしてもらうのがスカラーシップ制度だと考えるとわかりやすいでしょう。

Axie Infinityのスカラーシップ制度は、NFTを買うお金がない経済的に裕福ではない国の子どもたちであっても、プレイスキルがあれば大きな富を得られることを証明しました。

この仕組みによりAxie Infinityは大ヒットし、リリースからなんとわずか3年で、世界大手ゲームメーカーの時価総額を上回るまでに成長しました。

クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) 将来性 奨学金システム(スカラーシップ制度)

今後数年で、DAO(分散型自律組織)したゲームプロジェクトの時価総額は、全ゲーム業界で最大級の企業をも抜き去るでしょう。

Crypto Quest MetaverseのMETADトークンも、もちろんそのようなPlay-to-Earn系トークンのひとつです。

潜在的ポテンシャルとしては、プレセールの販売価格から、トークンは「1000倍」もしくは「1万倍」も不可能ではありません。

また、スカラーシップ制度は、NFTが扱える仮想通貨やブロックチェーンゲームでなければ実現できない制度です。

「ブロックチェーンゲームをリリースすれば流行るだろう」といった安易な考えのゲームも多い中、Crypto Quest MetaverseにはMETADトークンやNFTが存在する明確な理由があります。

そのことも、METADトークンの将来性を裏付けるものです。

METADトークンの将来性が高い理由④NFTの市場規模の拡大を追い風にしている

クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) 将来性 NFTの市場規模の拡大

NFTの取引量は爆発的増加をみせている

2022年現在、NFT(ノンファンジブルトークン)の市場規模は例がないほど急拡大しています。

Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース)はそのNFT市場の成長の恩恵を最大限に受けられるゲーム設計になっていることも、METADトークンの将来性が高いと考えられる理由です。

まず、Crypto Quest Metaverseはではゲーム内のキャラクター、装備などのそのすべてがNFTとして発行され、売買できます。これは、Axie Infinityのモンスターと土地がNFTとして発行されているのと同じです。

NFTとは「代替できない唯一のトークン資産」を意味しており、これによりCrypto Quest Metaverseを遊んでゲットしたキャラクターや装備は、現実世界の「資産」となるのです。

NFT取引量はここ最近で急激に増加しており、世界的企業や有名クリエイターが参入しています。

NFTアートのCryptoPunksは、数千万円から数億円で取引されています。

クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) 将来性 NFTの市場規模の拡大

Crypto Punks

これは一過性のバブルではありません。NFTは紛れもなく、本物のマーケットです。

この市場全体の急成長を考慮すれば、ドラクエに感化された優れたゲーム性を持つCrypto Quest MetaverseのNFTの1つが数億円、数十億円で取引されるようになる可能性は十分にあると考えます。

ちなみに、Crypto Quest Metaverseの独自のNFTマーケットプレイス(NFT交換所)を備えています。NFTは自由に売買できるため、流動性が確保されています。NFTマーケットプレイスは取引価格の10%の手数料が設定されていますが、そのすべてはゲームマスターバンクに入り、運営ではなくユーザーに還元される仕組みになっています。

METADトークンの将来性が高い理由⑤コミュニティ主導のDAO(自律分散型組織)

クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) 将来性 DAO(自律分散型組織)

Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース)は、徹底したコミュニティ主導のDAO(自律分散型組織)であることを目指しており、これもMETADトークンの価値向上に強力に作用します。

DAOは特定の管理者や運営企業が存在しないため、プレイヤーが本心から「これは自分たちのゲームで、自分たちのメタバース世界だ」と感じることができます。

通常のゲームでは、運営企業の独断で開発が終了したり、理不尽な仕様変更がおこなわれます。夢中になってキャラクターを育てても、ある日、突然夢が覚めるのです。プレイヤーがDAOを採用したブロックチェーンを好むのは当然でしょう。

Crypto Quest Metaverseは誰もが参加でき、開発できるようにあえて「2D」のメタバースを構築しています。

しかし、コミュニティ主導のDAO(自律分散型組織)の理念に基づき、必要とあれば「3D」への移行も検討されます。

これまでの仮想通貨市場を見渡せば、この柔軟性は大きな武器であり、成功のカギといっても過言ではありません。

いち早くDAOに着目しているゲーム「Crypto Quest Metaverse」とその独自トークンであるMETADトークンは、2022年のNFTゲームの大本命でしょう。

METADトークンの将来性が高い理由⑥NFTマイニングでMETADトークンが得られる

Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース)の最大の特徴のひとつに「NFTマイニング」と呼ばれる仕組みがあり、これもMETADトークンの上昇要因のひとつとなります。

NFTマイニングとは、NFTそのものをマイニングすることで報酬を獲得する行為です。

具体的には、ゲームのクエストでゲットした戦利品ボックスから「武器」「鎧」「アクセサリー」「魔法の獣」などの各NFTをマイニングして(預けて)、METADトークンおよびsMETADトークンを得る行為を指します。

  • 1年(権利確定期間)以上NFTマイニングすると・・・「METAD」が報酬として受け取れる
  • 1年以下でNFTマイニングを解除すると・・・「sMETAD」が報酬として受け取れる

このNFTマイニングはメインクエストモードのリリースを待たず、2022年6月から11月末の早期に開放されます。

NFTそのものに「マイニングで報酬が得られる」という付加価値が与えられるため、NFTの価値は底堅く推移します。

結果、NFTを買うために必要なMETADトークンの価格上昇につながるという設計になっているのです。

クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) 購入ページ

※上記のお申し込みページから購入した方を対象に、購入者限定でCrypto Quest Metaverseの情報交換ができるMETADトークン購入者限定LINE&オープンチャットにご招待します!

 Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース/METADトークン)の運営会社・メンバー

 クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) 運営会社・メンバー

Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース)の公式サイトやSNSは以下のとおりです。

Crypto Quest Metaverseは中央不在のDAOのコミュニティを理想としていますが、立ち上げのタイミングでは以下の中心メンバーが開発を進めます。

  • Brock(プロジェクトマネジャー)
  • George(プロジェクトマネジャー)
  • AZ(美術監督)
  • Noah(マーケター)
  • Fredrick(マーケター)
  • Nick(ブロックチェーンエンジニア)
  • Mario(プログラマー)
  • Zen(アシスタントゲームディレクター)

それぞれの経歴を簡単に紹介します。

Brock(プロジェクトマネジャー)

2013年から日本でデジタルマーケティング会社を経営していた人材です。当時の年間売上高は100億円を超えていました。また、2016年からメタバースサービスを開始。現在は国内事業を売却し、海外に拠点を移した後、エンジェル投資家として100以上の仮想通貨スタートアップに投資しています。今後の目標は、ブロックチェーンゲームCrypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース)を立ち上げ、Play-to-Earn(プレイトゥアーン)で世界を変えることです。

George(プロジェクトマネジャー)

専門であるプロジェクト計画とデザインの面からCrypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース)をマネジメントします。日本で15年間ウェブマーケティング会社を経営した後、シンガポールに3年間移住し、直近の1年はドバイで暮らしています。1年半前にブロックチェーンに魅了され、ブロックチェーン(DeFi)プロジェクトの計画、設計、開発、運用に携わっています。

AZ(美術監督)

Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース)のアートディレクションを担当しています。ゲーム業界で25年間の開発経験を有する人材です。2017年にブロックチェーンと出会い、そのポテンシャルに魅了されました。

Noah(マーケター)

Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース)ではウェブマーケティングを担当します。10年間マーケティング経験があり、2017年からは複数の仮想通貨プロジェクトをマーケティングしています。

Fredrick(マーケター)

Noahと同じく、マーケティングを担当しています。特にCrypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース)では、広告とPRの分野を監督します。2018年から仮想通貨メディアを運営しているほか、DeFiとブロックチェーンゲームが大好きで、プライベートでもブロックチェーンゲームをよく遊びます。

Nick(ブロックチェーンエンジニア)

ブロックチェーンの開発のバックエンドを担当します。サーバーエンジニアとして15年間働いた後、2021年からブロックチェーンゲームの開発に専念しています。Nickにとって、Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース)は2つ目のブロックチェーンゲーム開発にあたります。

Mario(プログラマー)

Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース)ではゲームのフロント開発を担当しています。サーバーエンジニアとして働いた後、ゲームプログラマーに転職しました。彼は13年間、さまざまなゲーム開発に携わってきましたが、今はブロックチェーンに興味があり、毎日勉強中です。

Zen(アシスタントゲームディレクター)

Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース)のアシスタントゲームディレクターとして、さまざまな観点からチームをサポートします。モバイルゲームのゲーム制作とゲームディレクションに約7年の経験を有しています。一旦は業界を離れましたが、ブロックチェーンゲームや仮想通貨の可能性を感じ、ゲーム業界に舞い戻った人材です。

クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) 購入ページ

※上記のお申し込みページから購入した方を対象に、購入者限定でCrypto Quest Metaverseの情報交換ができるMETADトークン購入者限定LINE&オープンチャットにご招待します!

 Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース/METADトークン)のサポーター

 クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) サポーター

中心メンバー以外にも、多数のサポーターがCrypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース/METADトークン)の運営を支えています。

以下のようなサポーターの役職が存在します。

  • マーケティングサポート
  • 顧客サポート
  • 奨学生のサポート
  • メディアサポート
  • SNSサポート
  • コミュニティサポート
  • マーケティングサポート

 Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース/METADトークン)の提携先・パートナーシップ

 クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) 提携先・パートナーシップ

Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース)とパートナーシップを締結している企業をご紹介します。

  • Solana(仮想通貨プロジェクト)
  • RAYDIUM(分散型取引所)
  • Phantom(仮想通貨プロジェクト)
  • MetaMask(ウォレットサービス)
  • Chainlink(分散型オラクル)
  • DappRadar(DApps調査企業)
  • CERTIK(セキュリティ監査企業)
  • CoinMarketCap(仮想通貨総合サイト)
  • CoinGecko(仮想通貨総合サイト)
  • Ethereum(仮想通貨プロジェクト)

強力なパートナーが背後に控えていることも、METADトークンの大きなファンダメンタルズとなっています。

Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース/METADトークン)のロードマップ

Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース)は、2022年Q1(第1四半期)~2023年Q3(第3四半期)までのロードマップを公開しています。

2022年Q1

 クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) ロードマップ 2022年Q1

  • プレセールでのMETADトークン販売

2022年Q2

 クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) ロードマップ 2022年Q2

  • キャラクターNFTのルートボックス(ガチャ)#1
  • 武器NFT、鎧NFTのルートボックス(ガチャ)#1
  • デーモンビーストNFTのルートボックス(ガチャ)#1
  • V1-NFTマイニングの開始

2022年Q3

 クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) ロードマップ 2022年Q3

  • METADトークンの取引所Raydiumへの上場
  • キャラクターNFTのルートボックス(ガチャ)#2
  • 武器NFT、鎧NFTのルートボックス(ガチャ)#2
  • デーモンビーストNFTのルートボックス(ガチャ)#2
  • V2-NFTマイニングの開始
  • キャラクターNFTのルートボックス(ガチャ)#3
  • 武器NFT、鎧NFTのルートボックス(ガチャ)#3
  • デーモンビーストNFTのルートボックス(ガチャ)#3

2022年Q4

 クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) ロードマップ 2022年Q4

  • RPGのリリース(第1章、第2章、第3章)

2023年Q1

 クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) ロードマップ 2023年Q1

  • RPGのリリース(第4章、第5章、第6章)
  • ギルドの実装(WEB)
  • PVPの実装(1対1バトルモード)
  • RPGリリース(第7章、第8章、第9章)
  • PVP(ギルドウォーズ)の実装
  • 新しいサイドクエストのリリース

2023年Q2

 クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) ロードマップ 2023年Q2

  • 旗の戦いのリリース
  • 新しいサイドクエストのリリース
  • ラビリンスの実装

2023年Q3

 クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) ロードマップ 2023年Q3

  • 新しいサイドクエストのリリース
  • 神獣の戦いのリリース

クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) 購入ページ

※上記のお申し込みページから購入した方を対象に、購入者限定でCrypto Quest Metaverseの情報交換ができるMETADトークン購入者限定LINE&オープンチャットにご招待します!

Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース/METADトークン)のプレセール・プライベートセール情報

Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース)は、以下の2回のプレセールを実施します。

  • プライベートセール1:2022年3月21日10:00UTC(日本時間21日19:00)~3月23日10:00UTC
  • プライベートセール2:2022年3月28日10:00UTC(日本時間28日19:00)~3月30日10:00UTC

(※海外運営による、ごく少額のホワイトリスト登録者への販売を除く)

どちらもイーサリアム(ETH)でプレセールに参加できます。

METADプライベートセール(プレセール)1

Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース)は、2022年3月21日10:00UTC(日本時間21日19:00)~2022年3月23日10:00UTCにMETADトークンを以下の条件で販売いたします。

  • 1METADトークン価格:0.08USD相当
  • 販売枚数:75,000,000METAD
  • 最低購入金額:0.5ETH
  • ロックアップ率:80.00%
  • トークン配布:初回に20%、その後3ヶ月毎に20%×4回

初回のトークン配布日は、日本時間2022年7月11日19:00です(20%配布)。

最低購入金額は「1口価格」ではないため、0.75ETHなどの端数でも注文できます。

1人あたりの最大購入金額はありませんが、プライベート1の販売上限である6,000,000 USD(約7.0億円)に到達次第、トークンの販売は終了します。

プライベート1の参加者にはもれなく、2ETH以上の参加で「特殊武器NFT x1」、5ETH以上で「特殊武器NFT x1、$FOODトークンx100,000」、10ETH以上の参加者には「特殊武器NFT(高レアリティ)x1、$QUESTホワイトリスト」の特典が付与されます。

METADプライベートセール(プレセール)2

Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース)は、2022年3月28日10:00UTC(日本時間28日19:00)~3月30日10:00UTCに2回目のプレセールを実施し、METADトークンを以下の条件で販売いたします。

  • 1METADトークン価格:0.09USD相当
  • 販売枚数:33,333,333.33METAD
  • 最低購入金額:0.5ETH
  • ロックアップ率:80.00%
  • トークン配布:初回に20%、その後3ヶ月毎に20%×4回

初回のトークン配布日は、日本時間2022年7月11日19:00です(20%配布)。

最低購入金額は「1口価格」ではないため、0.75ETHなどの端数でも注文できます。

1人あたりの最大購入金額はありませんが、プライベート2の販売上限である3,000,000 USD(約3.5億円)に到達次第、トークンの販売は終了します。

プライベート2の参加者にはもれなく、2ETH以上の参加で「スペシャルビーストNFT x1」、5ETH以上で「スペシャルビーストNFT x1、$FOODトークンx100,000」、10ETH以上の参加者には「スペシャルビーストNFT(高レアリティ)x1、$QUESTホワイトリスト」の特典が付与されます。

追記:プライベート2参加者に、新たに「5つの特典」を付与します!

「プライベート2」参加者に「5つの特典」を付与することを運営チームは決定しました。

すべて非常に大きな「特典」であり、最終的な投資収益に大きな差が出る場合もあるため、必ずご確認ください。

①プライベート2で購入したMETADは、もれなくロックアップ期間がゼロになります。つまり、いつでもトークンを売却できます。

②セール全体でMETADを1ETH以上買うと、高価なNFTガチャが引ける「プレミアムルートボックスチケット」がもれなく配布されます。チケットは1ETHごとに1枚ずつ、上限なく配布されます。

③セール全体でMETADを1ETH以上買うと、上記とは別に「プレミアムルートボックスチケット」が付与されます。レア度が確定しているのが上記との違いです。

  • 1 ETH:レアルートボックスチケットx 2
  • 3 ETH:レアルートボックスチケットx 3
  • 5 ETH:エピックルートボックスチケットx 1(50アドレスに制限)
  • 10 ETH:エピックルートボックスチケットx 2(20アドレスに制限)
  • 20 ETH:レジェンドルートボックスチケットx 1(10アドレスに制限)
  • 50 ETH:??? ×1(1アドレス限定)

④セール全体でMETADを1ETH以上買うと、「勲章NFT」が付与されます。このNFTはプレセール限定で付与されるもので非常に高価です。後日、NFT保有者への「特別な発表」が行われる可能性があります。

⑤セール全体でMETADを1ETH以上買うと、METADの保有量に応じて「QUESTトークン」を非常に高い率でエアドロップします。詳細は運営チームで検討中です。

①~⑤をまとめると、「1ETH」以上の参加で上記の5つの特典NFTをすべて受け取ることができます。

場合によっては、1ETHの参加で「20ETH相当の価値を持つ特典NFT」を得られます。

Crypto Quest Metaverseの運営チームによる、この「覚悟の決定」をお見逃しなく!

 クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) 購入ページ

※上記のお申し込みページから購入した方を対象に、購入者限定でCrypto Quest Metaverseの情報交換ができるMETADトークン購入者限定LINE&オープンチャットにご招待します!

METADトークンのプレセール購入方法(操作方法)

METADトークンの購入方法・プレセールの参加方法について図解でわかりやすく解説していきます。

大まかな手順は以下の3ステップです。

  1. ETHが入っているウォレット(メタマスクなど)を準備する
  2. METADトークン公式お申し込みページにウォレットを接続し購入する
  3. METADトークンを受け取る(2022年7月11日より配布)

それぞれ解説します。

METAD購入手順①ETHが入っているウォレット(メタマスク)などを用意する

まずは、ETHが入っているウォレットを準備しましょう。

推奨ウォレットはMetaMask(メタマスク)ですので、以下、MetaMaskを例に解説していきます。

※Crypto Quest MetaverseはSolanaブロックチェーン上で稼働していますが、プレセールはETHのみ参加可能。そのため、プレセール時にはSolana対応ウォレットは不要で、MetaMaskのみで参加できます。METADトークンを受け取る2022年7月10日までに、Solana対応のPhantomウォレット(後述)をインストールしておきましょう。

METAD購入手順②METADトークン公式お申し込みページにウォレットを接続し、購入する

まず、Crypto Quest Metaverseのお申し込みページにアクセスします(※スマホで購入する方は、お申し込みページのURLをMetaMaskのブラウザに貼り付けて、最初からMetaMask上で以下の手順を進めてください)。

続いて、「Connect(接続)」をクリックします。

クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) METADトークン 買い方

MetaMaskを選択するとウォレットが起動するので、パスワードを入力、続いて「次へ」をクリックします。

クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) METADトークン 購入

接続」をクリックしてください。

以上でMetamaskの接続は完了です。

続いて、Crypto Quest Metaverseのサイト画面から下へスクロールして「General」をクリック。

クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) METADトークン 買い方

購入希望額(最低0.5ETH~)を入力し、「Swap(交換)」を押してください。

クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) METADトークン 購入方法

これで、METADトークンの購入手順はすべて完了し、正しくプレセールに参加できました。

METAD購入手順③METADトークンを受け取る(2022年7月11日以降)

以上でプレセールの参加は完了していますが、初回の配布日である2022年7月11日以降にMETADトークンを受け取れるため、その方法についても確認しておきましょう。

METADトークンはSolana規格ですので、Solana系ウォレット「Phantomウォレット」が必要となります。

インストールがお済みでない方は、まずPhantomウォレットのダウンロードサイトへアクセス。

画面右上の「ダウンロード」をクリックし、使用しているWebブラウザを選択します。

クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) METADトークン 買い方 Phantom

インストールするとPhantomウォレットが開くので、「新規ウォレットの作成」をクリックします。

クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) METADトークン 買い方 Phantom

パスワードを入力し、「利用規約に同意します」にチェックして「続行」ボタンを押してください。

クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) METADトークン 買い方 Phantom

続いて、シークレットリカバリーフレーズの確認画面に移るので、必ずメモを控えておきましょう。

シークレットリカバリーフレーズを保存しました」にチェックを入れて「続行」をクリック。

クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) METADトークン 買い方 Phantom

完了」をクリックすれば、Phantomウォレットの作成は完了です。

クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) METADトークン 買い方 Phantom

続いて、Crypto Quest Metaverseの公式サイトにアクセスし、プレセール参加時のウォレットを接続します。

すると以下の画面が表示されるので、下へスクロールし「Claim(請求)」をクリック。

クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) METADトークン 購入方法

Solana Connect(ソラナの接続)」をクリックしてMETADトークンを受け取りたいPhantomウォレットを接続します。

クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) METADトークン 購入方法

さいごに「Register(登録)」をクリックします。

クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) METADトークン 購入方法

以上で、PhantomウォレットにMETADトークンが届き、受け取りが完了します。

※ERC-20に対応のウォレットとPhantomウォレットの両方を接続していなければ「Register」をクリックできないので注意しましょう。

クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) 購入ページ

※上記のお申し込みページから購入した方を対象に、購入者限定でCrypto Quest Metaverseの情報交換ができるMETADトークン購入者限定LINE&オープンチャットにご招待します!

METADトークンの「よくある質問」

Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース)に関するQ&Aをまとめています。

Q:AMA(質問会)の開催予定はありますか?

はい、3月中もAMAを開催する予定です。Crypto Quest Metaverseのゲーム性は、日々改善されます。そのためのご要望やご質問をお待ちしております。

Q:グラフィックのレベルが低くありませんか?

Crypto Quest Metaverseはかつての『ドラゴンクエスト』のような2Dグラフィックを採用していますが、グラフィック向上させる必要性については、常に議論しています。最終的には、ゲーム『Eastward(イーストワード)』近いグラフィックまでクオリティを高めていくことを計画しています。

Q:日本、フィリピンなどのメンバーが多いようですが、日本のプロジェクトですか?

Crypto Quest Metaverseは全世界に向けてマーケティング活動を行ってきましたが、日本のインフルエンサーの方に目をつけていただいたことで、ある時を境に日本のフォロワーが一気に増えました。現在は、フォロワーの属性に合わせて、日本やフィリピンを中心としたマーケティングを展開していますが、次の予定としては韓国、トルコ、ベトナム、タイ、欧米諸国などへの展開を計画しています。

Q:なぜMETADトークンはイーサリアムではなくSolana(SOL)を採用しているのですか?

Solana(SOL)の高速かつ安い手数料がCrypto Quest Metaverseに欠かせないと考えているためです。プレセールにより多くの方に参加していただくため、ETHでの資金調達を実施します。しかし、今後のトークンスワップやゲームプレイ自体は、SOLチェーンで行うため、ほぼゼロのガス代(手数料)とストレスフリーのゲーム体験をお約束できると考えています。

Q:ガス代が異常に高いです

一時、ETHガス代が高騰していましたがその後、低いレベルで安定しました。もし再び高騰した場合、安いタイミングを見計らってプレセールにご参加ください。

また、購入時のガス代が50ドルを超える場合は、50ドルの超過分に対してMETADが無料配布されます。プレセール1、プレセール2の両方に適応されるため、ガス代を気にせずプレセールに参加できます。

 Crypto Quest Metaverse(クリプトクエストメタバース/METADトークン)の各種SNS情報とお申し込みページはこちら

 クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) LINE公式アカウント

 クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) ツイッター

 クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) オープンチャット

 クリプトクエストメタバース(METADトークン/Crypto Quest Metaverse) 購入ページ

当サイトは、BitMoonGold仮想通貨ブログMUTEKI|仮想通貨取引システムインフィニティエンジェル(ING)日本KOL公認サイトからも応援されています。